ゲーム制作はsTokenの将来的なユースケースに

sTokenが発表されてから、コミュニティメンバーから潜在的な市場に関する話やそのユースケースの説明等、数多くの提案をいただきました。議論された中で最も多く話題に上がった潜在的な市場はゲーム市場なので、今日はこれについて話したいと思います。

ゲームクリエイターに資金提供可能なDEVをステーキングすることができるDappを想像してみてください。そのシステムは既にstakes.socialにあるようですが、sTokenにいくらかの複雑性を追加することによって、Dappはより興味深いものとなります。例えばとある支援者が自分の好きなゲームクリエイターにステーキングをするとします。その瞬間からその支援者とクリエイターにステーキング報酬が発生し始めますが、このシステムは既に実装されていて、stakes.socialではOSSプロジェクトに対する資金提供でそれを確認することができます。

イノベーションが数週間で起きることになりますが、そのイノベーションによってクリエイターによる収益化の第二層の開発が可能になるのです。前述したシステムでは、支援者は自分がステーキングポジションを所有していることを示すsToken(ERC-721)を受け取ります。このNFTによって多数の興味深いPerksを開発することができます。

ステーキングダッシュボードはこのような感じになるでしょう。

現在のstakes.socialダッシュボードとの主な違いは、sTokenのユースケースを作る可能性があるということです。そのような場合、例えば、sTokenのメタデータはポイントーつまりsTokenポイントーを蓄積させるための方法として使われ、sTokenポイントはクリエイターが提供する全てのPerksと交換することが可能です。

この例でsTokenはプライベートディスコード(ディスコード上のプライベート空間)に参加するための鍵として使用されています。agora.spaceは各クリエイターsTokenのNFTを保有する人たちがロックされたディスコードをアンロックするために使用されています。

ゲームとプレミアムコンテンツはsTokenポイントの交換で購入することができ、このsTokenポイントシステムはクリエイターに与えられたDEV報酬の総量を反映します(アメリカドルでの反映だとより複雑かつ変動する可能性があります)。sToken自体とsTokenポイントはゲームのアルファあるいはベータバージョンを購入するためのアクセスとしても使用される可能性があります。

ご覧いただいた通り、ここで伝えたいアイディアというのは、sTokenには順応性があり、sTokenによってクリエイターと支援者によって設計された独特なPerksがもたらされる、ということです。このようにして、ゲームプロジェクトは更なる収益化が可能となり、コミュニティに報酬を与えることも可能となります。sTokenはコミュニティ作成には優秀なメカニズムであり、プロジェクトに本来備わっているあらゆる性質にほぼ無限に近い方法で恩恵を与えてくれます。

(元記事)Potential sTokens Use Cases - Gaming

2 Likes