sToken、ソーシャルトークン、Unlock Protocol-クリエイターポータル

<sTokenがDev Protocolの分散型クリエイターエコノミーを加速化させる鍵に>

この度、大変光栄なことに、Unlock Protocol grant programにDev Protocolが選出されました!Unlock Protocolは支援者にとって価値のあるPerks作成の方法を考える際に最初に思い浮かぶプロジェクトの一つで、Unlock Protocolのロックシステムは、Dev Protocolがクリエイターポータルをビルドするのに必要な構成要素として完璧なシステムです。Dev ProcolではDevエコシステムのビルドを最優先事項にして時間をかけて取り組むことに力を入れています。

Dev Protocol

Dev Protocolのエコシステムが始まってから今日まで、Dev Protocolはクリエイターによる作品の収益化を可能にして創造力を最大化させる、という目標を掲げてきました。この場合のクリエイターとは特に、自分自身で収益化する機会を持たないが、ニッチな世界あるいは自身のコミュニティで大きな影響力を持つ人たちのことを指していました。

Dev Protocolは、クリエイターがコミュニティからの利他的な動機や財源基盤に頼る必要が必ずしもない、独特なステーキングシステムを作り出しました。このようにしてDev Protocolは、個人が持つ利益を周囲に認知されているクリエイターの有益性を向上させる方向にクリエイター支援という形で向かわせたり、あるいは非利他的な個人にクリエイターへの資金提供を推し進める方向に向かわせることができるのです。クリエイターはDev Protocolにオンボードすると同時に、バグフィックスの支払い等自身が好きな用途に使えるソーシャルトークンをミントすることになり、DAOを創造するためのゲーテッドコンテンツをアンロックすることができます。

勿論、Dev Protocolのシステムは常に技術的向上に対してはオープンであり続け、特にDev Protocolが最優先でビルドしていくことになる急速な変化をするマーケットにおいては、そうであり続けるべきです。sTokenは前向きで多大な影響力を潜在的に持つそういった技術的向上の一つです。今回の記事では、sTokenの概要、sTokenの特徴、sTokenがもたらす多くの変化、そしてUnlock ProtocolがDev Protocolの前進にどのように関係しているかを説明していきます!

独特なステーキングシステム

Dev Protocol独自のステーキングシステムのフローに関しては、過去何度か説明した通り、非常にシンプルです。

Dev Protocolのエコシステムで自分の好きなOSSプロジェクトに資金提供をしたい支援者がいるとすると、その支援者がDEVトークンを購入し、stakes.socialで好きなプロジェクトを探して、DEVトークンをステーキングするだけで支援ができます。トークンがステーキングされた瞬間、支援者とOSSプロジェクトの両方がDEVトークン報酬を生み出し始めます。

先にも述べた通り、Dev Protocolは創業当初から全てのクリエイターの創造力を最大化させるという目標がありました。その独特な概念のステーキングシステムによって小さな変化を生み出すのですが、この小さな変化がDev Protocolのエコシステムに到達すると、大きな影響力を与えることになるのです。変化の焦点は全てのクリエイターに向けられており、フロー自体は変わらないものの、潜在的利用者は拡大します。

Dev Protocolのエコシステムでクリエイターに資金提供をしたい支援者がいるとします。その支援者はDEVトークンを購入し、クリエイタープールを持つ好みのプロジェクトをDappで探し出し、自身のトークンをステーキングするだけでよいのです。トークンがステーキングされた瞬間、支援者とクリエイターの両者がDEVトークン報酬を生み出し始めます。

エコシステムが向上すればするほど、ますますDev Protocolのコアとなる部分がはっきりと見えてきます。コミュニティは常に全てを機能させる歯車であり続けているのです。そのようなことを考慮して、創造力を最大化させるという目標に辿り着くための鍵となるピースが開発されたのですが、これは簡単な方法なので、クリエイターはコミュニティメンバーのためにPerks(特典)を提供してより多くの価値と周囲に認知されるようなクリエイターの有益性を作り出すことができます。その鍵となるピースこそ、sTokenです。

sToken

sToken (DIP66)は、Dev Protocolのエコシステム上でステーキングポジションをトークン化するNFT(ERC-721)です。他に類を見ない「継続的支援証明(Proof of Continuous Patronage)」として見ることもでき、個人が好きなプロジェクトに資金提供するためにDEVトークンを使ってステーキングする際には、「レシート」としてsToken NFTが返ってきます。

sTokenはどのように機能するのか

sTokenの機能は小さな変化ですが、前述したようにこれはDev Protocolの将来に大きな影響を与える始まりとなる小さな変化です。sTokenの導入によって、クリエイターのステーキングフローに少しの変化が生じます。

Dev Protocolのエコシステムで好きなクリエイターに資金提供をしたい支援者がいるとします。その支援者はDEVトークンを購入し、クリエイタープールを持つ好みのプロジェクトをDappで見つけ出し、自身のトークンをステーキングするだけとなります。トークンがステーキングされた瞬間に、支援者は自身のステーキングポジションに関する全てのメタデータが入ったNFTを受け取り、支援者とクリエイターの両者がDEVトークン報酬を生み出し始めます。

支援者が受け取ったこうしたNFTは無限に異なる方法でステーキングフローを拡大させることができます。なぜこれが起こるのかというと、クリエイターが他のプロジェクトやコミュニティとDev Protocolを繋げてPerksを提供することになったとき、NFTによってステーキングポジション全体を簡単に取引することが可能になるからです。

Unlock Protocol

Unlock Protocolは事実上あらゆるウェブサイト、コミュニティ、プラットフォームにも応用することが可能です。クリエイターにとっては自分で収益化するための素晴らしい方法であり、プレミアムコンテンツやコミュニティは簡単にロックすることができるので、実際のメンバーのみがアクセスすることができます。このシステムは多くのファンやコミュニティメンバーにとって非常に価値のあるものになり得ます。

sTokenとソーシャルトークンは分散型クリエイターエコノミーを切り開く鍵

Dev Protocolにはstake.social上に1600以上のオンボードプロジェクトがあり、今後はDev Protocolを使った3つの新たなDappがリリースされ、クリエイターベースを劇的に拡大させていきます。Dev Protocolは現在ビルドしているそのような素晴らしいクリエイターエコシステムにUnlock ProtocolをPerksジェネレーターとしてインテグレーションをしていきます。

クリエイターは自身がしたいと思うものであれば何でもロックをしてメンバーシップを作成することができるので、sTokenはそういったロックをするための完璧な鍵となります。コンテンツをアンロックするNFTとしての継続的支援証明は多くのクリエイターにとって望ましいものとなります。

またDev Protocolのエコシステムでオンボードされているあらゆるプロジェクトによってミントされたソーシャルトークンは活動的なコミュニティメンバーに報酬を与えるだけでなく、そういったトークンの価値を創造するための素晴らしい手段にもなります。

それら全てがクリエイターポータルを開発するために使用されますが、クリエイターポータルというのは、クリエイター自身が収益化する新たな方法を提供しながらPerksを作ってコミュニティメンバーに報酬を与えることを簡単にする方法です。そういったこと全てはUnlock ProtocolをDev Protocolのエコシステムにインテグレーションすることで達成することができ、また、Unlock ProtocolとDev Protocolのプロジェクトには多くの共通点があります。クリエイターが適切に収益化をすることで創造力は最大化し、以前は収益化できなかったクリエイターも分散化クリエイターエコノミーのビルドに前向きになるのです。

(元記事)sTokens, Social Tokens and Unlock Protocol — Creators Portal | by Dev Protocol | Dev Protocol | Oct, 2021 | Medium

2 Likes