Dev Protocolを駆使したNFTマーケットプレイス

ツイッターを見ていたときに、12歳の少年がクジラのNFTを販売して29万ポンド以上の利益を得たというニュースを偶然見つけたのですが、複雑な気持ちになりました。12歳が自分の作品を収益化して、人生で初めて自分の銀行口座を持つ前に複雑な分散型金融のシステムとの繋がりを持ったことに驚く一方で、彼のNFTを買った人々は本当に彼という芸術家とその作品が好きなのか、それとも人々を熱中させるために誇大広告に飛びついているだけなのか、わからないからです。いずれにしても、アハメド君はすごい!私も彼くらいの年齢のときにこんな収益化をしてみたかったです。

photo1630100896

過去数週間でNFT市場は急騰しており、多くの人々が自分たちのNFTを利益に転じさせようと、NFTという強気市場を逃さないために作品を買っているのは明らかです。

そういったことが起こっているのと同時に、別の見方で私はこのNFT市場というトランプで組み立てたタワーがすぐに(そして激しく)崩壊するのではという懸念が増大していることにも気づきました。新手のラグプル(※1)に遭い、非流動性のNFTと共に取り残されてしまうのでは、という懸念が出てくるのです。

(※1)ラグプルとは悪意のある攻撃者が分散型金融のプロトコルから流動性を排出させて投資家の取引を阻害する詐欺のこと。

image

現状のNFT市場が抱える最大の問題はファンとアーティストとの間が隔絶していることです。こういった状況は持続可能な状態とは言えないでしょう。そのため、私が本記事で提案したいこと―それはほんのちょっとしたアイディアにすぎませんが―は、Dev Prtocolを使うことによってファンに資金提供と報酬提供をする、クリエイターが主人公となるような方法です。

NFTアーティストのためのDev Protocol

方法の一つは、NFTマーケットプレイスにstake.socialのクローンを追加するというものです。アーティストは今やっているように自分たちのNFTを売ることができ、DEVを使うことでファンから資金提供を受けることもできます。

Dev Protocolはクリエイターに持続可能な資金提供をするための独特な方法を開発しました。支援者が好きなクリエイタープールにDEVをステーキングすると、報酬としてのDEVトークンを支援者が49%、クリエイターが51%受け取ります。その数週間後、クリエイターは支援者に対してsTokenを使ってPerksを提供できるようになるので、Dev Protocolのエコシステムで収益化ができる可能性が増加します。

NFTアーティストはマーケットプレイスでNFTを直接販売したりロイヤルティを得たりして収益化ができるので、アーティストによっては非常に有益なものとなり、数週間で数百万ドルを売り上げるアーティストもいます。それが全てのアーティストに当てはまり、長い目で見ると持続可能ではある、と私たちが言うことはできませんが、Dev Protocolを使って創作過程にコミュニティメンバーが関わることでNFT市場はより持続可能で健全なものとなるのです。

ロイヤルティ

クリエイターはロイヤルティの設定をして、NFTが売れる度に資金を回収することができます。OpenSeaでは2.5%のマーケットプレイス手数料を除いて、例えばクリエイターはロイヤルティを10%まで設定することができます。

image

もしNFTマーケットプレイスがDev ProtocolのDappで開発されたら、その2.5%の手数料はエコシステムが成長するためのDAOに向けた資金に使われるかバーンされ、DEVにとってデフレ的メカニズムを生み出します。

royalties

クリエイターのロイヤルティは各sToken保有者のアーティストにも共有されます。このようにしてNFTアーティストはステイカーを引き寄せる利点を簡単に作ることができるのです。このメカニズムを使えば、アーティストはNFT市場サイクルに依存しない、異なる方法で自身の作品を収益化することができます。

クリエイターページ

現在、OpenSeaのクリエイターページはこのようになっています。

image

もし我々がDev Protocolのエコシステムをインテグレートすると、クリエイターページは次のようなものになるかもしれません。

image

Dev Protocolにはその他の市場との差別化を望んでいる現存するNFTマーケットプレイスにインテグレートされる可能性か、Dev Protocol産のDEV Dappが開発される可能性があります。

こういったアーティストのページでのステーキングによって、アーティストは自分で収益化することができる新たな方法を得ます。sToken保有者がアーティストのページにあるsTokenにステーキングできるというポイントシステムを作れば、時間をかけてポイントを蓄積させることが可能となり、例えばそういったポイントがNFTと交換可能になる、といったことも考えられます。

ステイカーによりインセンティブを生み出す別の方法としては、sToken保有者がゲーテッドコレクションのローンチを保有することが考えられます。アーティストがよりクリエイティブになる方法はここで多く示されています。あくまでも私の意図はNFT市場の可能性を示すことです。近い将来にこういった、ユニークでNFT市場を変えてくれるものが開発されるのを期待しています。

(元記事)NFT Marketplace using Dev Protocol

1 Like