クリエイタートークンのユースケース:クリエイターdao

Dev Protocolのクリエイタートークンには数多くのユースケースがあり、その中には我々が考えつかないようなものもあります。そしてクリエイタートークンには、クリエイターのプロジェクトを次のレベルに押し出す力があるのです。この記事では一般的なDAOにおけるトークンのユースケースについて話したいと思います。

クリエイターがstakes.socialにオンボードすると、Dev ProtocolのKhaos Oracleはプロジェクトを認証します。各プロジェクトのクリエイタートークンが発行され、ステーキングプールが作られます。

クリエイタートークンはガバナンスやクリエイターDAOの形成等に使用されます。DAOによってクリエイターは自身の力や所有権を細かく分け、クリエイター自身、貢献者、コミュニティメンバー、プロジェクトの価値を見出す人たちによって運営される組織を形成することができます。DAOのシェアに沿ったガバナンス投票を通じて、プロジェクトに高い関心を示す人はよりプロジェクトの未来を形作る力を保有することになります。

クリエイターは自身のチームやコミュニティと共にDAOを自由に設計し、彼らは一緒に各参加者の影響力や投票の決定事項などを決めることができます。ガバナンストークンとしてのクリエイタートークンがより力を持つと、プロジェクトの使用に興味がある個人にとってよりクリエイタートークンが価値のあるものになります。

そのようなトークンは、マーケットでの販売、ステイカーへの報酬等、クリエイターの考えに合わせて決め、直接分配することが可能です。興味深い分配方法としては、バグソリューション、貢献、プロジェクトの更なる発展をもたらす事柄にトークンを分配するというもので、こうすることでより貢献をした個人は、プロジェクトの将来を決める際に、より大きな影響力を持つようになります。

(元記事)Creator Tokens Use Cases - Creator DAO

2 Likes