自己ステーキング率の割合でapyを増減させる仕様

過度な売り圧から委任者を保護するため
クリエイターは委任額に対する自己ステーキング率の割合でAPYを増減させる仕様にAPY変更、または初めからdevを保証金とい形で自己ステーキングした額によりAPYの変更を検討願います。

委任者から視点では以下からステーキング先を検討します。

①プロジェクト内容
②devへの貢献度
③独自の施策

現在の大変高い利率を継続するにはそろそろ本格的に検討しなければいけないのではないでしょうか?

新規委任者を獲得しなければクリエイターの支援の環を広がりません。
現在の委任する側からしたら正直クリエイターから売り圧対策ができていなく、とても多額の投資はできないとの声が多いいです。
プロジェクトは大変素晴らしいですが、委任する側がリスクを負うだけという側面が強いのではないでしょうか?
クリエイター側に何かしらの価格を維持する行為をした人にはクリエイターの報酬を増加し、そうでない人には下げる。非常に理にかなっています。
委任者は利率が変わらないので委任先をどこかに集中することはありません。
プロジェクトの内容によって変更する案も良いとは思いますか定義が難題です。
しかし委任された額に対する自己保有割合によってAPyを変更するのはそこまでハードルは高くないのではないですか?

またこれによりスキャムや実態のないプロジェクトのoss化もある程度抑止できるのではないですか?
委任する側としては安心して応援したくなります。
クリエイターも継続的支援を受けられるのであればこの案は妥協できますし、自己ステーキングすればよいだけです。
運営もクリエイターが利点となるような施策を継続すれば問題ないと思います。

もし価格が下がりきったら終了というプロジェクトであれば教えてください。

現在このプロジェクトは委任者がいなければ成立しないのにもかかわらず、クリエイターおよび開発者目線が強すぎて、新規投資家が参入しにくいプロジェクトになっています。
非常にもったいないです。
特に見せ方や日本語テレグラムはありませんし、運営の仕方などすぐできることは改善していただきたく。

1 Like

提案ありがとうございます。

セルフステーキングは課題だと考えています。直近では、DIP-55 がその対策のために機能すると見込まれています。コミュニティ投票で可決されたため、現在開発が進行中です。

セルフステーキングの対策として最も困難な課題は “Ethereum のアカウントアドレスに一意性がないこと” です。アカウントアドレスはゼロコストで増やすことができるので、クリエイタートークンを保有するアドレスとステーキングするアドレスによるアドレスフィルタリングは機能しません。攻撃者は簡単にアカウントアドレスを増やして異なるアドレスからステーキングできます。

DIP-55 のアプローチでは、クリエイター報酬にべスティングを課します。べスティングの数は、ステーキングが広く分散するほど( ≒ 均一にステーキングされているほど )大きくなります。加えて、DEV の価値が高いほどべスティングの数が小さくなります。この仕様により、クリエイターは自分自身のプロジェクトにステーキングするよりも、他人のプロジェクトにステーキングする動機があります。

DIP-55 はステーキングの平坦性や DEV の価値に依存するので、アドレスの一意性が信頼できない場合でもうまく機能すると考えられます。

英語のディスカッションにはなりますが、クリエイター報酬の算出に関わる様々な議論があるのでここでも共有しておきたいと思います。いずれも、アクティブで貢献度の高いプロジェクトを優遇するというコンセプトです。

アクティビティや貢献度をどのように計測するのか、というのが主な課題だと思います。

また、近い将来的にはコミュニティによるプロジェクト通報スキームも必要だと考えています。これに関してまだ具体的な提案はないので、これから議論していきたいと考えているテーマではあります。

ありがとうございます。

クリエイターの
根本的な売り圧に対する対策はないのでしょうか??